遺言書.com

遺言書における日付の意味とは その必要性は

遺言書の書き方・注意事項|遺言書の書き方 注意点

遺言書の日付 その意味は?


遺言書の日付

自筆で作成した自筆証書遺言には、必ず被相続人(遺言者)の署名や押印が必要となってきます。

そして、もう一つ忘れてはならないのが「日付」の記載です。

では、遺言書に日付を書くことにどういう意味があり、何故必要になってくるのでしょうか。

上記でも記載しているように、自筆証書遺言はまさしく遺言者自らの手で作成していかなければなりません。

その際、遺言書を記載した時点において、正常な判断能力があったかどうかを判断する目安となるのです。

また、遺言書が何らかの理由で2通以上出てきた場合、その内容が相互に矛盾する時などは、新しい日付を優先的に認めるという判断材料ともなります。

そして、出てきた遺言書が公正証書遺言と自筆証書遺言であった場合。
これに関しても、日付の新しい方が有効となります。公的に処理された遺言書であっても、日付の新旧で判断されるのです。

このように「日付」とは、遺言書の正当性を確認する為にも必要な条件の一つなのです。

こんな場合はどうするの?・・・

2通の遺言書が被相続人の死後見つかった。
1通は公正役場で正式に作成された公正証書遺言。もう1通は自筆証書遺言。しかし、日付を見ると自筆証書遺言の方が新しい!
これってどっちが有効な遺言書なのか・・・。

上記のように日付の新しい遺言書が有効であるなら、公正証書だから効力が上だとか自筆証書だから弱いという問題ではありません。

要するに、新しく書かれた遺言書が有効であるという事です。

尚、抑えておきたいポイントは、古い遺言書と新しい遺言書で「抵触」する部分です。

これは、民法第1023条にも定められている通り、「後の遺言書で前の遺言書を撤回する」と定められています。

その為、新しい遺言書で記載された内容が法的にも有効であるという事です。

【第1023条】
1.前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなす。
2.前項の規定は、遺言が遺言後の生前処分その他の法律行為と抵触する場合について準用する。

遺言書の日付の書き方

日本語には、幾つかの年号・日にちの書き方が存在します。

遺言書の日付は、一般的に理解できる書き方。いわゆる「年月日」で記載すれば何ら問題ありません。
平成○○年○月○日・・・と言った具合に。

もちろん、上記のような元号の他、西暦(2013年)での記載も認められています。

また、数字に関しても「12・十二・壱拾弐・壱弐・一二」など、漢数字・算用数字どちらでも認められています。

ただ、漠然とした表記。例えば「平成○○年○月吉日」といった形の記載方法などは、正確な日付を特定することが出来ないので無効となります。

また、現実にあり得ない日付。2月30日など・・・。
要するに、「平成○○年○月○○日」と記載しておけば問題ない訳です。

誰でも遺言書が簡単に作成できる!
コクヨ 遺言書キット 遺言書虎の巻ブック付き LES-W101

誰でも書けるコクヨの遺言書キット

自筆証書遺言を自分で簡単に作成!
自分で簡単に自筆証書遺言を作れてしまうマニュアル付きの便利なキット。

漫画やイラストで解説された『虎の巻』は、年配者から若い方まで解りやすいと非常に評判です!

現に、購入者さんの口コミ評価も高く、アマゾンのベストセラー1位(便箋部門)にも輝いた商品でもあります。

財産が無くても、まだ若い!と思っていても、遺言書は必要です。このコクヨ 遺言書キットで準備をしておきましょう!


コクヨ 遺言書キットをアマゾンで購入

先ずはここから!遺言書.com 基本コンテンツ

遺言書とは そもそも遺言書とは一体何なのでしょう。そんな素朴な疑問にお答えします
遺言書の種類 遺言書の基礎の基礎。遺言書の種類や用途をご紹介
遺言書の作成方法 遺言書を作成するに当たっての文例や注意点
遺言書 書き方 注意点 遺言書を作成するに当たって、注意が必要な点をご紹介
遺言書の問題 遺言書にまつわるトラブルや問題。それらを避けるには
遺言書 判例 裁判によって定められた遺言書の判例をご紹介。チョッとした事が効力を無くす場合も・・・
遺留分制度とは 法定相続人の権利。それが遺留分・・・


Copyright(c) 遺言書.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com