遺言書.com

法定相続人の最低限の権利 それが遺留分制度

自分で遺言書を書く!|遺言書.com

遺留分制度とは?


遺言書の遺留分とは

財産を相続する上で問題となってくるのが、この「遺留分制度」。

では、その遺留分とは一体どんな制度なのでしょう。

相続させる財産とは遺言者のモノであり、その相続相手又は配分先は、被相続人である遺言者が自由に決めることが出来ます。

しかし、生前その財産の庇護の下生活していた家族は、この遺言者の判断により1円も相続できず、生活に支障をきたすケースも出てきます。

そこで、こういった問題を防ぐ為に考えられた制度が、「遺留分制度」なのです。

遺族である法定相続人の権利を守る為に作られたこの法律により、適正な財産の分配が図られます。

しかし、この遺留分制度も完璧なものではないようです。
遺言書のトラブルとしても多くの問題が挙げられる要因となっています。


遺留分権利者とは誰のこと?

遺留分権利者

では、法定相続人である遺留分権利者とは誰のことなのでしょう。

それは、配偶者・被相続人(遺言者)の子・直系尊属を指し、兄弟姉妹はその中に含まれません

その理由は、兄弟姉妹は遺言者と独立した生活を営んでおり、その財産で生計を維持していない為です。

因みに直系尊属とは、父母、そして祖父母の事を指します。
また被相続人の子が亡くなっていた場合は、その子、即ち孫が代襲相続人となり、権利者の一人となります。

遺留分の額。取り分は?

そして次に気になるのは、どれだけの財産が相続できるかという点です。

しかしその前に知っておきたい事として、遺留分の割合には2つの考え方があり、これを基に遺留分の額が計算されます。


| 総体的遺留分

全相続財産から遺留分権利者全てに渡る財産の割合。

遺留分権利者が直系尊属(父母・祖父母・曾祖父母 など)だけの場合は、全財産の1/3。その他の場合は、全財産の1/2となります。

その他の場合とは

●配偶者のみ
●配偶者と遺言者の子のみ
●遺言者の子のみ
●配偶者と直系尊属のみ

| 個別的遺留分

総体的遺留分の中から遺留分権利者に分配される財産の割合。

例 1)
遺留分権利者が直系尊属の2人。即ち被相続人(遺言者)の父母のみの場合は、総体的遺留分が1/3なので、その中から配分されます。
父=1/6 母=1/6 (全財産から見た割合)

例 2)
遺留分権利者が配偶者・子一人・代襲相続人(孫)二人の場合。
総体的遺留分が1/2なので、その中から配分されます。
配偶者=1/4 子=1/8 孫=1/16づつ(全財産から見た割合)

遺言書のトラブル 遺留分減殺請求

遺留分のトラブル

法律で決められている遺留分制度。
しかし、上記で記載したように、法定相続人が相続できる財産の割合が決まっているにも関わらず、遺言書に記載されている内容により、その額が減っている場合が多々あるようです。

その場合、遺留分権利者の権利が侵害されたとして請求を行う事ができます。
それが「遺留分減殺請求」と呼ばれるものです。

しかし、その内容や請求方法。そして、この制度から出てくる問題は、遺言書のトラブルの主な原因ともなっています。

遺留分減殺請求に関しては、コチラに詳しく記載しています。
» 遺留分減殺請求の詳細&問題

誰でも遺言書が簡単に作成できる!
コクヨ 遺言書キット 遺言書虎の巻ブック付き LES-W101

誰でも書けるコクヨの遺言書キット

自筆証書遺言を自分で簡単に作成!
自分で簡単に自筆証書遺言を作れてしまうマニュアル付きの便利なキット。

漫画やイラストで解説された『虎の巻』は、年配者から若い方まで解りやすいと非常に評判です!

現に、購入者さんの口コミ評価も高く、アマゾンのベストセラー1位(便箋部門)にも輝いた商品でもあります。

財産が無くても、まだ若い!と思っていても、遺言書は必要です。このコクヨ 遺言書キットで準備をしておきましょう!


コクヨ 遺言書キットをアマゾンで購入

先ずはここから!遺言書.com 基本コンテンツ

遺言書とは そもそも遺言書とは一体何なのでしょう。そんな素朴な疑問にお答えします
遺言書の種類 遺言書の基礎の基礎。遺言書の種類や用途をご紹介
遺言書の作成方法 遺言書を作成するに当たっての文例や注意点
遺言書 書き方 注意点 遺言書を作成するに当たって、注意が必要な点をご紹介
遺言書の問題 遺言書にまつわるトラブルや問題。それらを避けるには
遺言書 判例 裁判によって定められた遺言書の判例をご紹介。チョッとした事が効力を無くす場合も・・・
遺留分制度とは 法定相続人の権利。それが遺留分・・・



Copyright(c) 遺言書.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com