遺言書.com

遺言書における署名・押印の詳細と注意点

遺言書 署名・押印の注意点|遺言書の書き方 注意点

遺言書の署名

遺言書:署名は忘れずに

自筆で作成した自筆証書遺言には、必ず被相続人(遺言者)の署名が必要となってきます。

では、その署名とはどういた形でなければならないのでしょうか?

そう聞くと、とても厳しい制約があるように感じられますが、意外と簡単な条件で効力が認められます。

先ず、もちろん氏名(姓と名前)で記載された場合。これは説明の必要がないでしょう。

では、通称ではどうなのでしょうか?

署名される氏名とは、戸籍上の姓名のことを指しますが、本人(遺言者)であると明確に示される場合は、ペンネームや屋号・芸名などであっても認められます。

ただ、注意が必要なのは「」だけで記載されている場合。このケースだと相続人も同じ姓であることを考えると、認められない場合があるようです。

何れにせよ、「署名=氏名」と考えておいた方が良いようです。


遺言書の押印

遺言書:捺印も忘れずに

押印に関しても、これと言って厳しい制約が有るわけではありません。

遺言書の押印は、実印でなければならないように思われがちですが、三文判や認印でも認められますし、拇印でも効力があるようです。

しかし、拇印に関しては遺言者当人のものであるか、と言った疑問が出てきます。
そうなると素人判断では確認できず、プロの鑑定士に依頼する事となり、状況がややこしくなってきます。

スムーズに事を運ぶ為にも、やはり実印での押印をお勧めします(因みに、サインは無効です)。

しかし、絶対に避けて欲しい注意があります。
それは、押印がされていない遺言書!

これはもちろん効力もありませんし、それ以前に「偽造」される事となります。

偽造とは、遺言者以外の人物が後で押印すること。
相続人に悪気が無かったとは言え、コレ自体偽造・変造となり、相続人としての資格を剥奪されるケースも出てきます。

必ず遺言書を作成した際には、署名・押印の確認を怠らないように注意して下さい。

また、どちらか一方が無くても、遺言書としての効力はありませんのでご注意を!

誰でも遺言書が簡単に作成できる!
コクヨ 遺言書キット 遺言書虎の巻ブック付き LES-W101

誰でも書けるコクヨの遺言書キット

自筆証書遺言を自分で簡単に作成!
自分で簡単に自筆証書遺言を作れてしまうマニュアル付きの便利なキット。

漫画やイラストで解説された『虎の巻』は、年配者から若い方まで解りやすいと非常に評判です!

現に、購入者さんの口コミ評価も高く、アマゾンのベストセラー1位(便箋部門)にも輝いた商品でもあります。

財産が無くても、まだ若い!と思っていても、遺言書は必要です。このコクヨ 遺言書キットで準備をしておきましょう!


コクヨ 遺言書キットをアマゾンで購入

先ずはここから!遺言書.com 基本コンテンツ

遺言書とは そもそも遺言書とは一体何なのでしょう。そんな素朴な疑問にお答えします
遺言書の種類 遺言書の基礎の基礎。遺言書の種類や用途をご紹介
遺言書の作成方法 遺言書を作成するに当たっての文例や注意点
遺言書 書き方 注意点 遺言書を作成するに当たって、注意が必要な点をご紹介
遺言書の問題 遺言書にまつわるトラブルや問題。それらを避けるには
遺言書 判例 裁判によって定められた遺言書の判例をご紹介。チョッとした事が効力を無くす場合も・・・
遺留分制度とは 法定相続人の権利。それが遺留分・・・


Copyright(c) 遺言書.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com